ネオンサイン制作の流れ

  • HOME > 
  • ネオンサイン制作の流れ

ネオンサイン制作の流れ

電光掲示板.JPでは電光掲示板(LED表示器)だけではなく ネオンサインの製作も承っております。ここでは製作過程 の一部をご紹介します。

工程1 使用するネオン管を準備します

ネオン管は、一本のガラス管です。加工することによってさまざまな形、色になります。

工程2 曲げ加工を施します

一本立てバーナーでネオン管をあぶり、柔らかくしてからデザインのとおりにネオン管を曲げていきます。電極を取り付けます

工程3 電極を取付けます

曲げ加工が完成したネオン管は、まだガラス管です。これに、電極をつけることによって蛍光管のように電気で光らせることができます。真空作業(ガス注入)を行います

工程4 真空作業(ガス注入)を行います

ネオン管は取り付けた電極に電圧をかけることによって、内部に入っている希薄なガスが放電してきれいに光ります。ガスは主に2種類あり、ガスとネオン管の組み合わせで様々な色が出来ます。

工程5 点灯試験+慣らし運転を行います

出来上がったネオン管は、ネオントランスがセットされた台で数時間点灯させます。これは、ネオンに不良箇所がないかェックするためと、完成したばかりのネオン管は点灯すると色ムラが出るため、色ムラが治まるまで慣らし運転をするためです。

完成 ネオンサインの完成です

これらの工程を経て、ネオンサインが完成します。私たちの商品は写真だけでは伝えきれない部分が沢山あります。ぜひお客様の目でお確かめください。

ネオントランスとは?

ネオントランスとは、家庭用の電気(100V~200V)を高電圧(6000V~15000V)にするものです。最近では、低電圧の電子トランス(9000V相当)が使われることも多く、これを使って「光の三原色」の効果で変化のあるネオンサインにすることが出来ます。

イメージにあわせたカラーでネオンサインを製作いたします。

ネオンサインの商品を見る

電光掲示板.JP 訪問対応地域

取り付け対応地域

三重県、津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、名張市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、いなべ市、志摩市、伊賀市、桑名郡、員弁郡、三重郡、多気郡、度会郡、北牟婁郡、紀北町、南牟婁郡、愛知県、滋賀県、京都府

対応地域地図

集客でお悩みの企業様 お気軽にご相談ください。電光掲示板.JPがお悩みを解消いたします!!